転居代を安くあげるには|引越しを安いコストで行なうコツを一挙公開|滞ることなくスムーズ
引越し

引越しを安いコストで行なうコツを一挙公開|滞ることなくスムーズ

転居代を安くあげるには

レディ

格安業者が増えています

転居費用を安くあげるために、友人に引越し作業を手伝ってもらうという方法をとる人がいますが、逆に高くついてしまう可能性があります。いくら仲の良い友人でも、丸一日潰して作業を手伝ってもらうことになりますから、何もお礼をしないというわけにはいきません。多くの人が、後日落ち着いたところで一席設け、食事やお酒をご馳走するという形をとっています。しかし、この費用が結構かかります。最近増えてきた格安料金の引越し業者を利用するようにした方が、ずっと安くあがる可能性が高いです。また、手伝ってくれた友人が荷物を壊したり壁や床に傷をつけてしまったりするようなことがあっても、弁償を求めにくいのが実情です。でも、引越し業者の場合は、加入している損害保険を使ってそれらの損害をきちんと補償してくれます。おまけに引越し作業のプロですから、作業に無駄がありません。友人に頼むよりもずっと安い費用でスムーズに引越しを終えることができるため、格安料金の業者を利用する人が増えてきています。

意外な所で料金差が出ます

先程述べたように、格安料金が売りの引越し業者を利用する人が増えていますが、本当の意味で費用を安くあげたいのならば、以下にあげる点を押さえておく必要があります。12月や3月に引越す人が多いため、それらの時期は割高な繁忙期料金になっています。業者の方からアピールしなくても次から次へと作業依頼が入ってきますので、業者としてはわざわざ料金を下げる必要がありません。したがって、少しでも引越し費用を安くあげたいと望んでいるのなら、この時期を避けるというのが鉄則になります。しかし、仕事や学校の都合で、どうしても時期をずらすことができないという人が少なくありません。そのような人は、引越し日を平日にするとよいです。平日は、土日祝日よりも料金が安くなっていますので、おすすめすることができます。また、午前ではなく午後の引越し便の方が割安です。そのようなことを頭の隅に置いておくと、引越し費用を安くすることができます。